プロフィール

木の家の修ちゃん

Author:木の家の修ちゃん
栃木県で地元の山の木でなエコ住宅を造っています。国産材・自然素材で環境と住む人に優しい家づくり。

趣味 山登り・ハイキング 日本百名山を現在55座登頂(かみさんもいっしょだよ)

HPも覗いてください。
http://www.nasubm.co.jp/kinosirokoubou

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

国産材・栃木県産材・無垢・木の家の工務店
自然と環境にやさしい無垢の木の家づくり。栃木県の工務店・那須塩原・日光・宇都宮市・大田原市
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブランド牛「大田原牛」はどんな肉?
0c8a3ae0.jpg写真は、本文とは無関係な栃木県産子牛です

大田原牛
ブランド牛としてテレビなどでも紹介されている大田原牛。栃木県に住む私も名前を知ってはいるが良く知らない。
今朝の下野新聞に記事が載っていたので紹介する。
大田原牛」は、大田原市の大黒家の登録商標で大黒家と取引しているところだけが使えるブランド名なのだそうだ。
もちろん大田原牛の品質は高く日本食肉格付協会の等級の最高ランクが「大田原牛」。その下が「那須牛」として販売しているそうだ。大田原牛が大田原産であると限定しているわけではないらしい。現在最高等級霜降りの度合いで最古レベルの牛脂肪交雑基準(BMS)「NO12」の肉を地域名を超えたブランドとして「牛超BMS12」を商標登録中とのこと。
肉好きでない私は、「大田原牛」というブランドをまったく理解していなかったのですね。

とちぎ和牛」は、全農県本部が売り出しているブランドで生産者と合意形成しているブランドで「大田原牛」はストアーブランドと紹介していました。


栃木県のに住む私をみてみたいかたはこちらへ
スポンサーサイト
成型肉をステーキだと思って食べていた?
お昼の番組で成型肉をステーキとして販売していたファミリーレストランの話を取り上げていた。
だますつもりはないということらしいがステーキと思って食べた人は納得いかないだろう。うまいと思って食べたんだからいいんじゃない、という人は少数派だと思う。

住宅で言えば集成材の柱を桧無垢材として販売しているようなもの
食のこともそうだが説明責任を痛感する報道です。
肉の集成材というイメージの成型肉、横角膜と脂身を海草の接着剤で固めて作るらしい。内蔵をステーキとして食べさせられたらあなたなら怒りますか?


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。