プロフィール

木の家の修ちゃん

Author:木の家の修ちゃん
栃木県で地元の山の木でなエコ住宅を造っています。国産材・自然素材で環境と住む人に優しい家づくり。

趣味 山登り・ハイキング 日本百名山を現在55座登頂(かみさんもいっしょだよ)

HPも覗いてください。
http://www.nasubm.co.jp/kinosirokoubou

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

国産材・栃木県産材・無垢・木の家の工務店
自然と環境にやさしい無垢の木の家づくり。栃木県の工務店・那須塩原・日光・宇都宮市・大田原市
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

尾瀬ヶ原からの景色
残雪の至仏山尾瀬ヶ原から至仏山
5月23日の尾瀬ヶ原です。まだ人出は少ないようです。
水芭蕉と至仏山水芭蕉もところどころに咲いています。
燧ガ岳池塘・燧ガ岳
雪解けの早い場所には水芭蕉が咲いていました。
至仏山池塘・至仏山
池塘のなかにはヒツジ草などのかけらも見当たりません。鹿の足跡も湿地に残されていました。

自然を愛する工務店はこちらから
スポンサーサイト
名水百選の森をハイキング
新緑のハイキング尚仁沢湧水・名水百選
階段新緑のハイキング・母75歳
爽やかな清流つり橋下で撮影
栃木県塩谷郡塩谷町新緑・清流
名水百選冷たい水
尚仁沢水の音色・鳥のさえずりに癒される。
両親を伴い近くの尚仁沢へハイキング。約30分で塩谷町の名所、名水百選・尚仁沢湧水に到着です。
この季節は湧水地まで家族連れがたくさんおとづれる場所です。
天気のいい日はハイキングを楽しめる場所がたくさんあります。田舎暮らしならではの楽しみです。

田舎暮らしのお手伝い。癒しの木の住まいづくりこちらから
八溝山で遊ぶ
八溝山頂八溝山山頂
滝
田舎に住んでいるとちょっと足を延ばせばいろんなところへすぐいける。(込みそうなところへは行きません。)
八溝山の山頂は車でいけてしまう悲しい山頂です。お城のような展望台があり、私的にはこれまたがっかり。
茨城県側へ下山、大子町で遅い昼食にそばをいただきました。月待ちの滝を見学してきました。昔一度来たような記憶があるところでした。
自然を楽しむ工務店こちらから
大田原市・雲巌時
新緑・青葉大田原市・雲巌寺
雲巌寺旧黒羽町雲巌寺
ゴールデンウイークの雲巌寺雲巌寺
新緑を楽しみに八溝山へ向かう途中で雲巌寺に寄りました。新緑が綺麗で爽やかでした。

栃木の自然を愛する工務店はこちらから
旧富岡製糸場
世界遺産申請富岡製糸場・入り口付近
世界遺産?富岡製糸場内部
世界遺産申請中富岡製糸場・木造
記念写真旧富岡製糸場で記念撮影
群馬県・旧富岡製糸場の見学を初めてしました。登山で長野県へ向かう途中でいつか寄ってみたいと思っていましたが、浅間山(代替黒班山)登山の帰りに寄りました。駐車場が見つからずに苦労しましたが何とかたどり着きました。近代日本の象徴的な旧富岡製糸場ですが世界遺産,/strong>になったら駐車場もないのにとんでもないことになってしまうんじゃないの?なんて心配してしまいました。我が栃木県の足尾も世界遺産登録なんて話がありますがどうなんでしょうか?地元としては観光客の増加に期待したいところだと思うので実現するといいですね。

エコライフを提案する工務店はこちらから

妙義山から浅間山を見る。
浅間山
妙義山・相馬岳から浅間山を見る。
景色
タルワキ沢のコル付近から
妙義山・頂上でのんびり昼食を楽しむお決まりのラーメンとコーヒーがうまい。途中何度か一緒に休憩した熊谷から来た青年と話をしたが、私の10年ぐらい前にそっくりで驚きました。この後タルキ沢のコルから
妙義中間道を経て、妙義神社へと戻りました。

天候に恵まれた快適登山でした。百名山を夫婦で目指す工務店はこちらから。

名水百選・尚仁沢湧水近くのレストラン
栃木・那須・日光、新緑の季節がやってきます

昨年地熱住宅をお引渡しをした松本様ご家族が遊びに来てくれました。
アップルパイのお土産をいただきました。とても美味しかったです。
お昼を食べにミニSLのあるログハウスの農村レストラン「風だより」によりましたが臨時休業中でした。ゴールデンウイーク前に一休みでしょうか?26日からは営業のようです。別のところといっても塩谷の山奥、尚仁沢ハートランドの反対側の宝島(キャンプ場)のレストラン○○○○(例によって名前を忘れました。)で食時をしました。これからの季節は新緑といろいろなハーブ・草花がたくさん咲いて綺麗なお庭になりそうです。

このご夫婦も田舎暮らしでしょうか?移住されてきたと思うのですが聞き忘れてしまいました。

那須・日光・塩谷で田舎暮らし・木の住まいはこちらから

地球はどれだけの人口を養っていけるのか?
栃木県の出先機関、塩谷庁舎内の県税事務所に用事があり出向いた。最近の役所の対応は一昔前と違って不快に感じることが少なくなっているようです。

書類の待ち時間においてある冊子・パンフレットなどを見ていたが結構な種類が置いてある。栃木県発行の栃木県住宅建設資金融資のご案内・安全安心な住まい作りのために・守り伝えよう、とちぎの豊かな自然・県民の森への案内・省エネチャレンジ大作戦取り組み事例集(栃木県地球温暖化防止活動推進センター)・国勢調査結果速報など私が持ち帰ったものだけでも結構あります。
国勢調査結果速報を見ていていろいろ驚いた。(2005年度)いつの間にか世界の人口64億6500万人、日本が世界十位で1億2776万人。中国13億1600万人・インド11億0300万人をはじめ日本の獣医までの人口で全世界の59パーセントを超える。インドネシア・パキスタン・バングラデッシュなども10位以内に入っておりアジアの人口が世界の半分を超えるようだ。世界の環境を考える場合に中国・インドを抜いて話し合っても効果は少ない状況だ。

日本で人口の増加率が高いのがしているのは、東京都・千葉県・神奈川県・愛知県・滋賀県などで増加の県は15都府県。栃木県も増加している。しかし、栃木県内でも増加している地域よりも減少している地域の方が多い。都市部近郊に人が移動している状況は全国的なようだ。

日本は、人口減少に入ったようだが世界の人口はまだ増え続けている。果たして地球はどのぐらいの人口を養えるのか?世界的な食糧不足が起きないのか不安である。人口が増えていて消費エネルギーが増大していくのだから、二酸化炭素の排出量増加を抑制しを地球温暖化防止を進めることは難しい問題である。少しでもロハスな生活を心がけましょう。

ヤフー検索で工務店、リフォーム店の検索でトップに表示されるちっちゃな工務店・リフォームクラブ店に紹介されました。
栃木県・木の城工房が取り上げられた記事はこちらから


環境にやさしい住まい作りは、木の家・自然素材の木の城工房HPを参考に。こちらから

大台ケ原・大峰山に行ってきました。
栃木県塩谷町から車で約700㌔の大台ケ原と大峰山にマイカーでの山行。
一年ぶりの百名山山行・大台ケ原・大峰山.
最近は山を登る建築屋から山を眺める建築屋になってしまった私たち夫婦の一年ぶりの百名山。28日PM3:00出発。渋滞を避け足尾経由で群馬県伊勢崎より高速使用で長野県・岐阜県・愛知県・三重県と走り亀山(シャープの液晶工場があります。)でホテルを見つけ宿泊(風邪気味のため車中泊まりを変更)。
翌朝残り100㌔程度の一般道走行で11:30大台ケ原駐車場へ到着。(大峰山へ移動のため和歌山県側から)あいにくの曇り空の中をスタート。30分程度で頂上へ到着。(登山とは言えない?)
風が強く雨混じりの寒い中昼食。いつものラーメンとコーヒーで暖まる。隣に陣取る団体さんは、柿の葉寿司のおそろいのお弁当。私たちを美味しそうと眺めていた。(こんな粗末な昼食でも暖かいだけで)頂上の日出ヶ岳(1694.9m)から伊勢の海がうっすらと見えていたが曇り空で残念な景色であった。(富士山が見えると書いてありました。)
山頂や、大蛇へ廻る途中などで多数の鹿に出会う。かなりの個体数が生息しているようだ。(調査の発信機器を付けらているしかも多い)途中の立ち枯れがすごい場所もあり、日光の根名草山の登山道を思い出す光景もあり環境破壊が広がっていることを実感する。大蛇あたりから足が痛いと言い出したかみさんのペースで3:30駐車場到着。百名山バッチを探すが売っていない。あきらめて移動。近くの小処温泉で汗を流し、上北山村の沢筋に入り、夕食を作り車中で一泊。敷布団・寝袋で星空を見上げながら名眠りにつく。(私は明るいと眠れないので暗いところを探すのが大変)翌朝朝食をとり道の駅トイレを利用し、すぐ脇のスタンドでガソリン補給。価格は驚きの150円/ℓでしたよ。ちょっとよそ者だと思って儲けすぎじゃない?とぶつぶついいながら天ヶ瀬を左折、行者環トンネル西口駐車場に車を止める。すでにかなりの車である。弥山に向けスタート、AM7:30分。昔は、人に抜かれることはほとんどなかったが、足がまったく出きていない私たちは音から来る人に道を譲ることが非常に多い地図上のコースタイムででゆとりをもって歩いていたが休息を含めるとコースタイムをオーバーしてしまう情けなさだ。弥山に10:3,八経ヶ岳に11:10到着(1914.9㍍)。山頂は大勢の人で賑っていた。眺めは良くないし、周りの倒木がすごく荒れた状態の風景にちょっとがっかり。天気はまずまずだがかすみがっかっていた。風が強く寒い中、赤フン&白フンの若いコンビがフンドシだけで記念撮影していました。元気ですね。昼食を急いでとって下山へ。弥山へももどると暖かいのでシャツを脱ぎTシャツになり、足の痛いかみさんを気遣いながら下るが理源大師像あたりからさらに足の痛みが増したようでさらにペースダウン。
何とか無事下山できてほっとしたが、筋肉の衰えた足は予想以上であった。帰路に伊吹山を登って帰ろうとも考えていたが今回は中止とした。名古屋で観光をして無事到着。往復1500㌔超の山行でした。これでやっと百名山55座(だったと思う)。百名山だけが山ではないが、登り終わらないとゆっくり山が楽しめない。
onnsenn
小処温泉

今回は山から下山して、ナビで近くの温泉を検索し汗を流しました。和歌山県の小処温泉・上北山村温泉を利用しました。どちらの温泉も無色透明。源泉温度が低いため、沸かして循環させている温泉のようだ。温泉・浴場などを作る仕事もするためか入浴していても浴槽内に循環用の吸い込み口がないかどうかつい調べてしまう。浴槽に大量にお湯が入れられているところが、以外に循環式のところが多いようだ。源泉掛け流しの湯は温度調節を湯量でしか出来ないので源泉温度が高いと微量しか浴槽に注げない。(上北村温泉は源泉温度38度で沸かしているそうです。)温泉に間違いはないのですが循環式の場合は燃料代がかさむために浴槽のお湯を頻繁に変えることをためらってしまう処もあるようです。(浴槽が大きいほど負担が大きい)温泉の水質調査は定期的に行いますが循環させた温泉水を自主的に検査に出しているようです。(もちろん、不正はないです。)

栃木県・那須温泉・湯本で鹿の湯源、泉掛け流しの湯で、浴室棟を建設中のホテル、立花屋はなやホテル(0287-76-2333)で無垢の木の浴槽信楽焼の浴槽で建築中です。
山を登る建築屋のHPはこちら。
ブログはこちらから


那須・温泉宿の浴室棟の保健所打ち合わせ
今日は朝から雨。現場は休みと思っていたら雨の中で鉄筋の組み立てをやってくれていました。連休前に造成を完了してください。という私の優しい言葉に浜田屋組の竹熊さんが応えてくれたもよう。感謝です。
私は、屋根屋さんとの打ち合わせ、保健所に設計担当のPTフォレスト建築事務所所長と出向き浴室仕上げ材の確認、届出書類の確認、温泉の排水の確認、水質汚濁防止法?(だったと思う。)なる浴槽の設置・廃止の届出など。一軒の温泉の浴室棟の工事で保健所の担当者はそれぞれの分野ごとで計3人と打ち合わせ。これは私の担当ではないと入れ替わり、また戻りと忙しい。でも、以前から比べると役所の対応はよくなっているのでありがたいです。一部の許可業務の県の出先機関以外は。

今日の打ち合わせで解ったこと。旅館・公衆浴場の浴室・脱衣場の床は、無垢の木をそのまま使用してはいけないということ。(水分を吸収することで最近が発生しやすいという見解)。脱衣室に、籐マットを敷くこともだめなのだという。聞くところによると防水性のある床材を使わなくてはいけないのだそうだ。私は思わず口に出た言葉、人の肌触りのよい素材はだめなんですね。「水分を吸収せずにビチャビチャな床材を使えばいいんですね。」立場が違うので仕方がないが納得出来なかった。

しかし、例外として鹿の湯源泉の湯のような強酸性の温泉は大腸菌が増殖しないので浴室に限っては木の床を使用することを許可するということでした。(ただし、清掃など衛生面の管理をしっかり行うことが条件。鹿の湯源泉を使用する温泉は定期的に行う温泉水質検査で安全性が確認されていることが背景にあります。)これで、浴室に無垢材を使うことが公に認められました。無垢の木の家造りの木の城工房としてもうれしいかぎりです。

殺生石の賽の河原のすぐ下の鹿の湯源泉・掛け流しの湯立花屋はなやホテルの浴室棟の保健所打ち合わせ偏でした。

木の城工房の家づくりはこちらから。
温泉が出なくなってしまいました。
那須温泉・湯本で無垢の木でつくる浴室棟工事で排水溝脇から温泉が湧き出ていたが砕石地業・捨てコンクリートを打設したところ温泉が出なくなってしまった。温泉でないほうが仕事がやりやすいのだがちょっとさびしい。それにしても那須温泉鹿の湯の温泉恐るべし、水中ポンプがあっという間にサビている。モーターまではまだ壊れていないが外側はサビがすごい、たった2日間だけなのにビックリです。この近辺では電化製品の寿命が一般の地域よりずっと短くなってしまうようです。温泉が収入源にもなるが逆にもになるようだ。
那須温泉では、スチール製のものはすぐだめになってしまう。網入りのガラスも網が腐食して膨張するためガラスがわれる。アルミサッシュも穴が開く。ステンレスも純度が高くないとだめである。ということで木造が一番長寿命なのである。

那須温泉で木の家の日帰り入浴棟建築中の木の城工房HPはこちらから
[READ MORE...]
温泉が出た?那須温泉の工事現場。
saiseki

温泉が出た、といっても道路の側溝脇を掘ったところ側溝内を流れる那須温泉鹿の湯源泉のオバーフロー(あまったお湯)した温泉が流れ込んできただけのことですが。温産地ならでは話ですが側溝内を流れる温泉の温度は40度を超えていそう。側溝のコンクリート(アルカリ性)も酸性の湯で中和されセメントがとけて雷おこし状態。目地が完全になくなり穴の開いた状態のため土を掘るとあっという間に天然温泉の露天風呂が出きてしまう。もったいないけどポンプUPして側溝に流しています。
写真は温泉対策が終わって砕石地業をしているところ、厚さ150mm。

那須温泉の宿立花屋はなやホテル擁壁工事現場からの報告でした。
立花屋はなやホテル 0287-76-2333

無垢の木・自然素材でつくる工務店・木の城工房HPはこちらから
やり方、位置だし
丁張り

今回のように傾斜のある場所で水平距離を測る場合には光波で距離を計測します。一般的には建築業者より土木屋さんの得意分野です。
今回は、昔同じ会社に席を置いたことのある竹熊さんが計測してくれました。

那須の温泉ホテル・立花屋はなやホテルの浴室棟造成工事が始まります。那須登山・ハイキングの帰りに日帰り入浴で汗を流して帰りましょう。那須湯本鹿の湯源泉(白濁湯)掛け流しです。

無垢の木の家の住宅は木の城工房HPを参考に。こちらから。
山を登る工務店・久々の日光
社山からの日光連山展望。
20060403073311.jpg

20060403073406.jpg
山を登る工務店のはずが昨年より山を眺める工務店のなってしまっていた私、ひさしぶりの山行です。正月依頼なので足ができていないので軽めのコースを選択したつもりが予想以上の筋肉低下で太ももの筋肉が痛い。なんともふがいない。かみさんが最終回のNHK連続朝ドラの「風のはるか」をどうしても見たいというので朝9時に家を出て10:30のスタートという遅いスタート。4月1日は中禅寺湖の釣りの解禁日であったため駐車場は満杯状態で車を置く場所にも一苦労。太公望を横目に湖畔を歩く。雪が残っている道を歩きながら釣り人が魚を手に引き上げていく。普段と違う風景である。天気が良く、尾根道からの眺めは最高でした。男体山・大真名子山・小太郎さん根名草山・湯泉岳・金精山・五色山・白根山と日光連山を眺めながら山頂を目指す。雪はそれほどでないが軽アイゼンを使用し登頂。カップラーメン・おにぎり・コーヒーで昼食。下山時も日光連山を眺めながらの気持ちのいい山行でした。

これから新緑シーズンは中禅寺湖畔を歩くだけでも森林浴を満喫できます。
自宅で森林浴したい方は、無垢の木の家の工務店を参考にしてください。
こちらから。



もったいない風呂敷。環境相・小池百合子
小池百合子環境相・もったいない風呂敷。

「もったいない」という言葉が世界に広がっているらしい。ノーベル平和賞を受賞したケニアのマッケイ女史がひろげてくれている。北海道の木の城たいせつさんはずっと前から「もったいない」をいい続けている。木の城たいせつさんは、こちら。

環境省でもったいない風呂敷なるものを提案している。面白いので紹介します。

以下環境省HPより。

環境省

小池環境大臣が「もったいないふろしき」を作成しました。 

3月6日(月)に開催された「3Rイニシアティブ高級事務レベル会合」レセプションにおいて、小池環境大臣と「チーム・マイナス6%」応援団長のゴリエさんが、それぞれがプロデュースした「もったいないふろしき」と「ゴリエもったいない風呂敷」を各国代表者約80名の前で披露し、レジ袋や紙袋の代わりに日本の伝統文化である”ふろしき”を活用することでごみを削減するなどの、身近な工夫による環境問題への取組を呼びかけました。 (チーム・マイナス6%サイト)


会合の会場でもったいないふろしきを展示したり実際に包んで紹介
 
■4月3日~28日にかけて、クリエイションギャラリーG8(東京都銀座)が「FUROSHIKI展」を開催します
 地球温暖化防止のための国民運動「チーム・マイナス6%」の活動の一環として、クリエイションギャラリーG8(東京都港区銀座 リクルートGINZA8ビル1F)において、4月3日(月)~28日(金)の期間中、著名人やデザイナーがデザインした現代の“ふろしき”を展示する『FUROSHIKI展』が開催されます。(詳しくはこちらを御覧下さい。)
 
 展示会では、“ふろしき”を広げて展示するだけではなく、デザインした方にとって「大切なもの」を包んでもらった状態で展示することとしており、来場される方に“包む”ということを再認識し、過剰包装を見直すきっかけとしていただくことも狙いとしています。
 なお、この展示会には小池環境大臣が自らプロデュースした

「もったいないふろしき」も特別展示されます。

環境と住む人にやさしい住まい作りは、木の城工房HPを参考に。こちら地熱利用のエコハウスをつくりたい方はこちらを参考に。


宇宙へ行こう。日本人初の宇宙旅行。
宇宙旅行。毛利さんや向井さん、秋山アナウンサーなど宇宙飛行士として、仕事としては会ったが旅行としては日本人初の宇宙旅行。

宇宙へ。旅行としては日本人初・元ライブドア役員。宇宙ビジネスを視野に入れていたライブドア元代表のホリエモンこと堀江氏だが、元役員に宇宙旅行では先を越された。20億を超える費用を出せることにもびっくりだが、1週間程度の宇宙旅行にそんなに出すか?と自分の金銭感覚でつい思ってしまう。
20060309224202.jpg



宇宙の話は嫌いでない私、相対性理論などわかるはずもないが、光さえ出られないブラックホールがジェットを噴出す?早く運動していると時間が遅くなる?など良くわからない事だらけの宇宙。私も連れって、何でも言うこと聞きます。

宇宙に行くと人生観が変わるといいます。あの宇宙に行った秋山アナウンサーは退職して、農業をやっているとか。環境のことが大切に感じるらしい。地球上で生かされている自分を実感できるのだろう。環境と人にやさしい木の家・自然素材の住まいで宇宙・星空を眺めてロマンを感じながら酒を飲む。

木の家・地熱利用の家で省エネ・エコライフしましょう。こちらを参考に


那須・那須湯本温泉の歴史の本
20060308113742.jpg

20060308113801.jpg

那須温泉の歴史をまとめた本があります。那須温泉の開発の歴史が詳しく書かれている。地元の方たちがまとめた本らしい。(詳しくは読んでいない)茶臼岳にイオウ採取のトロッコが敷かれていたことなど私としては始めて知ったことも多い。昔の温泉街の写真もたくさん載っていて興味深い。那須の歴史に興味がある方必見の書。
私は那須湯本温泉街の鹿の湯源泉かけ流しの湯・立花屋はなやホテルに日帰り入浴したときに少しづつ読んでいる。

栃木県で木の家の環境と人にやさしい住まい作り。木の城工房の北欧の旅もご覧ください。こちらから。

国連の報告書案。
絶滅種笛森林減少。絶滅の危険が高い種の数が増得る一方で、森林など生物にとって重要な生息地の破壊や分断が進むなどが、地球上の生物の生息状況の悪化が続いているとする国連環境計画(UNEP)の報告書案が6日、明らかになった。
報告書案は、このままでは2002年にヨハネスブルグでの環境・開発サミットで合意された「2010年までに生物多様性損失速度を目だって小さくする」との目標達成が困難になると指摘した。

環境にやさしい生活を少しでも意識し持続可能な生活をしましょう。
環境と住む人の健康を考えたロハスな生活のお手伝いをする木の家の家づくり、木の城工房HPを参考にしてください。こちらから
白鳥とザゼンソウ・栃木県大田原市で見られます。
20060305164954.jpg

打ち合わせが終わった午後、両親と私たち夫婦で白鳥ザゼンソウを見に出かけた。天気も穏やかで暖かく人出も多く賑っていた。
場所は栃木県大田原市、白鳥は羽田沼(はんだぬま)・ザゼン草群生地は南金丸になる。(国際医療福祉大の近く)道の駅那須与一の郷も近くにある。白鳥は例年3月初旬まで越冬するらしいのでそろそろ旅立つころか。ザゼン草は2月初旬~3月下旬ごろまでらしい。ザゼン草は来週末ごろが一番のもごろでしょうか。

私は2度目だったが両親は初めての場所。白鳥や鴨たちの多さに驚いていた。白鳥が確か458羽飛来と書いてあった。ミヤコタナゴの生息地もすぐ近くにある。散歩するにはちょうど良い。
ザゼン草は民家の庭先を通って群生地へ行く事になる。無料での見学なので、テントで地元の野菜などを販売しているので買って帰ろう。

我が家をがんばって造ってくれている棟梁に(父)少しだけ楽しんでもらえた。あと少し棟梁にがんばってもらうことになる。昭和6年生まれの高齢の棟梁がんばって。

自然素材・木の住まいでロハスな生活を提案する木の城工房の家づくりはこちらから
那須温泉・鹿の湯源泉・ホテル・日帰り入浴
20060302150211.jpg


那須岳、茶臼岳・三本槍岳・朝日岳・南月山・白笹山・三斗小屋温泉などのハイキング・登山の後に那須湯本、鹿の湯の温泉で汗を流そう。
鹿の湯は人気のスポットのため平日でも込み合っている。そんなときには鹿の湯の源泉をひいている立花屋はなやホテルがお奨め。宿泊もOKだが日帰り入浴の楽しめる宿。
このホテルは那須湯本の鹿の湯から温泉を引いている100%源泉かけ流しの湯です。
鹿の湯独特の白く濁った温泉で、源泉の温度が高いためにたくさんの源泉を浴槽に入れると熱くなってしまうためあまりたくさんの温泉が浴槽に注がれていませんがこれが源泉かけ流しの証明です。宴会前と朝1時間ほどゆっくり入浴し温まりました。
鹿の湯もいいけどゆっくり静かに入浴したい方は、日帰り入浴もやっていますのでお奨めです。(TEL0287-76-2333)

私も那須登山の後は那須温泉・立花屋はなやホテルで汗を流して帰っています。

山を愛する栃木の工務店・木の城工房はこちらから



エコシステムの地熱住宅
▼ 地熱住宅・エコシステム。

外断熱・地熱住宅の玉川建設(株)のロゴマークです。
当社も地熱住宅の栃木県で唯一の登録業者ですのでロゴを使用しています。
自然エネルギーで住宅を快適にできる環境にやさしい工法です。
地球温暖化にも貢献できるエコシステム。外断熱・地熱住宅を基本に木の家でつくる快適エコハウスでエコライフを始めましょう。
エコシステムの地熱住宅でロハスなライフスタイルを楽しみましょう。

地熱住宅に興味ある方はこちらへ
海水面上昇・ツバル
ツバル。地球温暖化・海水面上昇の被害を受ける
日本人は地球温暖化の被害を直接実感していない。しかし、すでに被害を受けている国がある。
ツバルがその一例である。以下はツバルのHPより

ツバルは9つの珊瑚島(環礁の島)からなる小さな小さな島国です。すべての島をあわせても、面積は26km2(品川区と同じくらい)しかありません。

そんな小さな島々に約10,000人の人達が暮らしています。


1978年にイギリスの植民地から独立した時、8つの島にしか人が住んでいなかったので、8つの島の人達が協力して国を作っていこうという意味を込めて国名を「TUVALU:ツバル」と決めました。ツバルは現地語で次のような意味を持っています。

TU = 立ち上がる + VALU = 8

それは国旗にもデザインされています。

●地球の温暖化(GreenHouse Efect)

2002年の3月の東京での平均気温は平年に比べて3度以上も高かったという発表がありました。入学式の時に咲くはずだった桜の花が3月末にはすでに散り始めていてがっかりされた人も沢山いたことでしょう。

ここ何年か夏になると、今年は去年より暑い。その上スコールのような雨もふるし、気のせいかもしれませんし、今だけの話かもしれないのですが、なんとなく東南アジアの気候に近づいているような・・・冬の雪も少ないですよね...

現在、地球は今までに例がないほどのスピードで温暖化しています。原因は私達が日常生活の中で無意識に生み出している「温室効果ガス=二酸化炭素・等」です。

右図は“気候変動に関する政府間パネル(IPCC)報告書”による今後100年間の気温の上昇を予測したグラフです。(1995年発表)今後状況を放置しておけば、100年間で最悪3.5度の上昇が見込まれています。

この数字は2001年4月に見直され、100年間で最大5.8度の上昇という予想に変更されました。同時にそれに伴う海面上昇は最大で88cmと報告されています。

今から1万年以上前の最後の氷河期の時の平均気温は3~6度程度低いだけだったのですが、今回の予想だとそれに匹敵する上昇が予想されています。

1万年前といえば旧石器時代が終わり、文明が始まる一歩手前の頃です。

IPCC 1995年発表資料
1万年という途方もない時間をかけても3~6度しか上昇しなかった気温が、100年という一瞬で5.8度も上昇してしまうかもしれません。様々な被害が予想されています。

温暖化の被害の予想(1997年)(環境省)

被害の中でも目に見えて恐ろしいのは、北極や南極の氷が溶け出したり、熱膨張によって海水の体積が増えたりして起こる、「海水面の上昇」です。「2050年までに海水面が約20cm上昇し、さらに21世紀末には約9~88cm(中位値で50cm)の海面上昇が起こり得る」という予測が、気候変動に関する政府間パネル(IPCC)の2001年の報告書に述べられています。さらに厳しい予測をしている研究機関もあります。

平均の海水面が50cm上昇すると言うことは、満潮時には海面は1m以上も上昇してしまいます。特に赤道周辺の南の島々の海は、地球の自転による遠心力と、月の引力の影響を強く受けてしまうので、被害が拡大するおそれがあるのです。

海水面が1m上昇したとき、日本はどうなるのでしょうか?茨城大学の三村教授の研究では「国内の砂浜の九割が消滅する恐れがある」という結果が出ています。又、環境庁では「海面(満潮水位)以下の地域が2.7倍(2,300km2)に拡がり、人口410万人が危険にさらされる」としています。

 海水面の上昇は既に始まっています。環礁の島国ツバルではすでに被害が出始めているのです。

環境にやさしい家づくりは木の城工房へ


トップライト(天窓)のベルックスさん来訪。
VELUX
古い街並みの屋根・小屋裏部屋には明り取りの窓。
屋根

ルーフウインドウ(トップライト・天窓)の日本ベルックス株式会社・営業部の田中課長代理が来訪されました。
木の城工房HPの北欧住宅視察、デンマーク・スウエーデンのなかにベルックス社の看板が大きく載っている写真(本社?)を見ての訪問だそうです。(参照・木の城工房HP

トップライトだけしか造っていない会社です。北欧では、小屋裏部屋的な部屋には必ずと言っていいほどトップライトや明かり窓がついています。
寒い国で結露を防ぐため外側アルミ、内部木製・遮熱・断熱ペアガラスの優れものです。
私は、通常南側の天窓はお奨めしていません。夏場の日射を外側で防ぐことが出着ないためすごく熱くなってしまうからです。
しかし、ベルックスのルーフウインドウは電動での開閉はもちろん電動ブラインドや外部に電動オーニングMMA(日除けタイプ)もありますので南側に取り付けたい方は外部での日射遮蔽できるタイプを選択してください。
防火性能のあるものもありますよ。

ちなみにトップライトに限らず、一般の窓としても利用できます。
価格はサッシュより安いですよ。(タイプは限定されますが)

結露の無い長寿命で快適な住まいはこちらから

氷壁・山男にあんな美女が?
47f94a64.jpgk2.NHK映像。

NHKのドラマ、氷壁を楽しみに見ている。
舞台をK2に変えたことでその映像をみられ喜んでいる。
(実際の撮影はオーストラリアだったかニュージーランドでの撮影だったようだ。)
最近、山に行く機会をつくれずTBで気分を紛らわしている。
山だけのドラマでなく、美奈子(鶴田真由)めぐる愛でいっそう複雑になる物語。

8000㍍峰は夢のまた夢だが、地元の雪山程度でも十分楽しめる。
足跡の無い雪山は格別である。
残念なことに今年はまだ登山らしい山行はゼロ。

現在建築中の木の家のエコハウスをつくっているが、二階(小屋裏部屋)の北側の窓から高原山系の眺めがよい。私の隠れ家的部屋になりそうだ。しかし、早く完成しないと雪が消えてしまうのだ。
夏場、藪こぎがひどく近づけない山もこの時期は行きやすいのだが。


山が望める住まいあなたもいかが?
山を登る建築屋はこちらから。
屋久島・一人旅のくるみちゃんとの出会い。
縄文杉

縄文杉
ひだまり

バックパッカー、森の陽だまり

昨年の屋久島の旅で宮之浦岳・縄文杉などのコースをかみさんと歩く中で、里に下りたときに利用したのが森の陽だまり。一泊1980円(もちろん素泊まり・寝袋持参)の格安の宿。
そこでであった人たち(左が私)の中の女性、くるみちゃん。
屋久島が始めての一人旅だったのだが、その後も一人旅をしているらしい。現在は、東南アジアに一人旅に出かけているようだ。旅の中での出会いもいい思い出である。くるみちゃんの旅の安全を祈っています。

自然と出会いを大切にする工務店はこちらから

地球温暖化で海水面上昇。
地球温暖化

海水面上昇


地球温暖化の影響で海水面の上昇が驚くほどのスピードで起こっている。日本ではまだ実感が無いが世界に目を向ければすでに被害は出始めている。毎秒100,456㎥と言うすごいスピードである。2070年には最大88cmも海水面が上昇する可能性があると言う。いったいどのぐらに土地が海水面下に消えてしまうのだろう?洪水も頻発しその打撃は計り知れない。
アメリカのように自国の一時的な利益に目を向け環境を重視しない国は今後非難を受けることであろう。日本も京都議定書の二酸化炭素削減量を実現させるのは非常に難しい状況。政府ももっと本腰を入れないといけないのでは?
一人一人の心がけで次の世代に綺麗な自然を現状の姿で引き継ぎたいものだ。

環境と住む人にやさしい住まいをつくる工務店はこちらから

[READ MORE...]
南極・ドームふじ基地、100万年前の氷を採取。
氷床3029メートル掘削に成功。世界最古か?

南極内陸部の「ドームふじ基地」で日本の南極観測隊が深さ3028.52メートルの氷床掘削に成功した。最深部の氷の年代は約百万年前と推定され境最古となる見通しで過去の地球の気候変動などを解明する貴重な資料になると見られ世界的に注目される。あと数メートルから30メートルとされる岩盤までの掘削を来期の観測隊が掘削を引き継ぎ岩盤到達を目指す。

以上下野新聞抜粋。

以前南極越冬隊に参加した人の講演を聞いたことがあるが南極もゴミの山でひどいそうだ。最近になってゴミを持ち帰るようになったらしいが
それまでのゴミは全て放置されているらしい。
エベレストで清掃登山を行った野口健さんのように南極清掃隊が必要かも。8000メートルを超えるエベレスト登山などは死体の脇を登って行くという話を聞いたこともある。それぐらい厳しい環境なのだ。

人は理想は高いが現実はなかなか伴わないものらしい。
あきらめました、桧のお風呂。
桧の浴槽・浴室断念。そのかわりに露天風呂?
浴室・浴槽を桧で作るのが夢であった。
しかし、維持管理・予算の面で断念しました。
近所に桧の無垢材で浴槽を作っている伊藤風呂桶店さんもあると言うのに、何でUBにしなくてはいけなかったのか?
桧の浴槽・桧の板張りの香りや雰囲気が好きな私であったが、桧のユニットバス(岐阜県の業者が製作しています)は価格的に手が出なかったことが大きい。桧の表面に防水加工がしてあり、色合いは変化が少なく10年経過しても十分使える商品である。しかし、表面に防水加工してあるので香りがしない、肌触りが木の感触でないこともあり桧のユニットバスは断念しました。
昔ながらのタイル張り・石張りの床に桧の浴槽と板張りは、水周りの処理・耐久性に自信がもてないことと、メンテナンスを定期的に行わないと綺麗にたもてないためにあきらめました。

そのかわりに、露天風呂を桧で作ることを計画することにしました。真空管太陽熱温水器を設置し給湯とお風呂のお湯をまかない、夏場はお湯が余るので露天風呂で使おうという考えです。(夢で終わるかも)

結果的にINAXの1721のユニットバスを設置しました。脱衣室と浴室の引き戸をトーメイガラスで開放感を持たせたかったがかみさんが却下。そのかわりに浴槽に入ったまま外が見える窓はトーメイガラスにしました。
囲いは作るので坪庭と空しか見えないが開放感を何とか確保しました。

木の家・地熱利用のエコ住宅はこちらから

世界遺産・豪雪の白川郷、合掌造りのらいとアップ
白川郷


豪雪の世界遺産白川郷の夜景。
ライトUPされた白川郷がTVで映し出されていた。
豪雪で雪降ろしに追われる風景とはうって変わったロマンチックな風景である。
昨年夏に飛騨高山と白川郷に行ってきたが日本の街並みが残っていて感動した。ヨーロッパの各国が街並みが観光資源になっているように日本でも街並みを大切にする考え方を持って欲しいものだ。
すでに街並みが残っている場所がごくわづかである。
日本ももっと景観条例を厳しくし、各自が街並みで資産価値が大きく変わることを知って欲しい。
ヨーロッパの中古住宅の価値が下がらないのは、街並みと行き届いた手入れで年代とともに味わいが増すからである。
ガーデニングももちろんだが、家も本物の素材であればアンティーク家具のように価値があがるのである。

無垢の木の家で味わいのでる家づくりをして見ませんか?
もちろん手入れは必要ですが、家を育てる楽しみを味わいたい方は、
こちらから。

ライブドアふんばれるのか?
ライブドアどうなっちゃうの?

◎ライブドアに主流派の「報復」=型破りな人材必要-英紙社説
 英紙フィナンシャル・タイムズ(アジア版)は18日付の社説で、ライブドアが東京地検の強制捜査を受けたことに関連して、企業の主流派(エスタブリッシュメント)が、これまでの厚かましいまでの行動で頭痛の種となっていた同社と堀江貴文社長に対して、「報復」を加えていると論評した。一方で同紙は、日本は自由で開放的な金融市場を受け入れる必要があり、捜査の結果にかかわらず、今後も堀江社長のような型破りな人材が増えることが必要だと指摘している。

ライブドアニュースより 

ライブドア本体も粉飾決算の可能性もあるよな報道がある。
堀江社長、どうしのぐのか?





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。