プロフィール

木の家の修ちゃん

Author:木の家の修ちゃん
栃木県で地元の山の木でなエコ住宅を造っています。国産材・自然素材で環境と住む人に優しい家づくり。

趣味 山登り・ハイキング 日本百名山を現在55座登頂(かみさんもいっしょだよ)

HPも覗いてください。
http://www.nasubm.co.jp/kinosirokoubou

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

国産材・栃木県産材・無垢・木の家の工務店
自然と環境にやさしい無垢の木の家づくり。栃木県の工務店・那須塩原・日光・宇都宮市・大田原市
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

断熱リフォームで親孝行しよう。
ヒートショックの恐怖から二重サッシュに断熱リフォーム無断熱住宅に住む我が両親。

大工の棟梁でもある父が自分で建てた隠居なのだが断熱材なし、アルミサッシュ・単板ガラス使用。無垢の木の家・自然素材で造ったエコ住宅?なのだが冬は寒い。快適エコ住宅研究会を主宰し快適でヒートショック・シックハウスのない家づくりを奨めている私の両親がヒートショックで倒れたらシャレにならない。サッシュだけを二重サッシュにしたからといっても無断熱住宅に変わりはなく、まだまだ心配なのだが効果はあるだろう。

この二重サッシュにする場合も、必要ないと言い張る父を説得するのに時間がかかり寒さがだいぶ和らいだ今の時期になってしまった。まあ、何事もなかったので良かったが、76歳になる父に少しでも快適な生活をして長生きして欲しい。樹脂サッシュをアルミサッシュの内側に取り付けしたのだが1日で作業は完了しました。ヒートショックで倒れる危険性を良く知りながら何もしなかったら自分が後悔することにもなる。親孝行といえるかどうかわからないが少しでも温度差が少なくなる住宅にしてあげたいものです。

断熱改修・断熱リフォーム・二重サッシュのプレゼントで親孝行してみてはいかが。

ヒートショックのない住まい作りは木の城工房へ。こちらから
スポンサーサイト
エコリフォーム&断熱改修の事務所、温度報告(1月)
エコ・断熱改修した事務所の久しぶりの温度報告です。
PM5:30の外気温0.5℃、室温17.5℃、床面23.5℃(床暖房)、壁面18℃、天井
17.5℃、アルミサッシュ枠11℃・ペアガラス面13℃、木製建具枠16℃トリプルガラス面15.5℃でした。室内湿度35%とちょっと低すぎます。(加湿する必要があるかも)

断熱改修と言ってもそれほど高断熱にしたわけではない。サッシュこそ高性能木製トリプルガラスを採用したが、断熱材は、壁グラスウール100mm、天井は無断熱状態。事務所と連続した茶の間8帖も事務所の暖房でまかなっているがこの部屋は未改修で無断熱の部屋である。
茶の間の床畳面15℃、壁14℃、天井15℃と事務所から比べると壁・床共
3℃程度低い。室内空気温度は事務所事務所と変わらないが周辺温度の違いで茶の間はちょっと寒いので茶の間使用時はコタツを弱で使用。
長時間コタツ使用すると足が熱く足を出す感じです。

24時間暖房をしているのでアルミサッシュ枠・ガラス面も結露はしない。灯油代が例年よりは高いため暖房費がちょっとかかるが、昨年と比べると快適性は驚くほど違う。

新年の挨拶に来てくれた業者の方の評判も非常に良い。
せっかく訪ねてくれた人との出会いを大切にしたいので良かったですね。
改修費用と構造上の問題でこの程度の断熱改修だが効果は高く満足出きている。
あなたも、リフォームをするなら断熱改修をお奨めします。

断熱改修・エコリフォームこちらから




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。