プロフィール

木の家の修ちゃん

Author:木の家の修ちゃん
栃木県で地元の山の木でなエコ住宅を造っています。国産材・自然素材で環境と住む人に優しい家づくり。

趣味 山登り・ハイキング 日本百名山を現在55座登頂(かみさんもいっしょだよ)

HPも覗いてください。
http://www.nasubm.co.jp/kinosirokoubou

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

国産材・栃木県産材・無垢・木の家の工務店
自然と環境にやさしい無垢の木の家づくり。栃木県の工務店・那須塩原・日光・宇都宮市・大田原市
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エコ住宅は、無垢の木と自然素材でつくる
エコ。エコ住宅をつくろう。

エコ住宅をつくる工務店が集う快適エコ住宅研究会を主催している。
無垢の木の家自然素材にこだわる集団。
しかし、怪しい集団ではない。
まじめに、エコ住宅作りに取り組んでいる研究会である。
まだ小規模だがいい会員さんの集団にしたいと思い無差別に入会を勧めていない。
会費無料だし、その分私の手間が大変になるし、でもいい状報は全国に届けたい。エコ住宅エコ素材でつくると思っているのだが、ビニールクロスや合板で作っていても太陽光発電パネルを載せればエコという会社さんはご遠慮いただいている。
住む人にやさしい室内環境と環境にやさしい家づくりを共に満足できる家、エコ住宅をつくる会員さんの集団としたい。

エコ住宅に興味があるかたは、こちらから


スポンサーサイト
自然素材・木の家に住むということ。

自然素材で家をつくりたい人が増えてきているようだ。
自然素材で家づくりを奨めているのでそういう人が集まってきているだけではないようだ。住宅雑誌でも木の家・自然素材をとりあげているものがたくさん出ている。
自然素材を使うということはどういうことなのだろう?と時々考えてしまう。

私が木の家・自然素材にこだわる理由。

1.ひとにやさしい素材である。(シックハウス・化学物質過敏症の方にも安心。)
2.はだざわり、温もりのある素材である。(熱伝導率が低い。)
3.環境にやさしい素材である。(木は再生可能、二酸化炭素を蓄えてくれている。)
4.製造エネルギーが小さいため地球温暖化への影響が小さい。
5.再利用、廃棄処理が簡単。(土に返すことが出来る素材)

書き出して見ると以上のようになる。

自然素材・木の家を考えるときに、高い性能(高気密高断熱)を合わせ持つ住宅にしようとして大分苦労してきた。高気密を保つために木材の乾燥技術を勉強し含水率15%以下の材料を求め各地へ足を運んだ。
又、自然素材の材料の製造過程を調べるためにも時間を費やしたりもしてきた。

最近考えるようになったことは、木に対して狂わない(寸法の安定性)為に過度の含水率の要求、自然素材の壁紙、左官材に作業性を求めすぎる自分にちょっと反省している。自然素材を使うということは、木や素材の持つ長所をしり、欠点を理解したうえでそれを受け入れる広いこころが必要なことに改めてきづいた。
木は湿度が高いときに湿気を吸い湿度が低いときに湿気を吐き出してくれる調湿作用があり同時に寸法が変化するという面を持っている。これを人工乾燥で極度に押さえる・薄くスライスして接着剤で貼り付けるなどで欠点を克服しようとし、本来の長所を殺してしまっている。

木の家で床・壁に無垢材を使用しる場合には隙間や反りが多少出ることは受け入れる心が必要。素材の一つ一つが少しづづ違うところが自然素材のいいところなんだと思得る方に使用してほしいですね。
自然素材の長所を愛して欠点は受け入れる大きな心で大切に長く使って地球にも家族にもやさしい家をつくりましょう。愛する奥様、だんな様と同じように。

自然素材
快適・エコ生活をしたい方こちらへ
自然素材のエコハウスでエコライフ。
エコハウスでエコライフ.

栃木県の塩谷町でエコハウスエコライフをしたいと思い住宅を建設中。
エコハウスってどんな家?私の中でのエコハウスは、住宅に使う素材が出来るだけ自然素材で素材を必要以上に加工せずに環境と住む人に安心な室内環境の住宅・住いといったところだ。
これを具体的にすると出来るだけ地元の無垢の木材で伝統軸組み工法で造り、木や石・紙(和紙・壁紙)・しっくい・珪藻土などの自然素材での内装。
ルナファーザー、オガファーザーなどの再生紙+ウッドチップの壁紙を自然塗料で仕上げる、断熱材を羊毛の断熱材(洋服などに使った残り)古紙をしようした断熱材などの利用、土を焼いた瓦を使用するといったように、出来るだけ製造エネルギーの少ない素材、廃棄する場合も土にかえる素材などの廃棄時にも環境にやさしい素材での住宅づくり。
エコライフってどんな生活?
出来るだけ消費エネルギーを使わずに快適で住む人や環境にやさしい生活をすること。快適性を犠牲にするのでなく無駄なエネルギー使用をさけ、物を大事に使う。使い捨てを極力やめてごみの少ない生活をするといったところ。
けして光熱費をゼロにすることがエコライフやエコハウスとは思っていない。オール電化で室内で石油・ガスを燃焼させず室内の空気汚染がなく室内環境にいいと思う。しかし、深夜の安い料金の電力を利用し太陽光発電で売電して光熱費をゼロにすることがエコとは思はない。太陽光発電おおいに結構。深夜電力は価格が大幅に安いが消費エネルギーは変わっていないからだ。ゼロを目指すなら光熱費ゼロでなく消費エネルギーがゼロのゼロエネルギー住宅を目指してほしい。(使ったエネルギーを太陽光発電でつくったエネルギーで±ゼロにする)

エコハウスエコライフも無理することな出来るだけそうする事でいいと思う。実際の生活で家庭内にはエコとは思えない商品、食品があふれている。家の素材だけにこだわっても意味がなくなってしまう。出来るだけのエコハウスで出来るだけエコライフをしましょう。私たち子孫のために綺麗な地球を残しましょう。

我が家も出来るだけ、自然素材を使用しての家づくりをしています。地元の山の桧・杉の柱・梁で伝統軸組み工法の家です。ただ、断熱材は自然素材をあきらめました。出来るだけがんばっていますが、全部はコストも大変なのです。出来るだけのエコ。無理せずに。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。