プロフィール

木の家の修ちゃん

Author:木の家の修ちゃん
栃木県で地元の山の木でなエコ住宅を造っています。国産材・自然素材で環境と住む人に優しい家づくり。

趣味 山登り・ハイキング 日本百名山を現在55座登頂(かみさんもいっしょだよ)

HPも覗いてください。
http://www.nasubm.co.jp/kinosirokoubou

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

国産材・栃木県産材・無垢・木の家の工務店
自然と環境にやさしい無垢の木の家づくり。栃木県の工務店・那須塩原・日光・宇都宮市・大田原市
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高性能樹脂サッシュ採用。
栃木の高気密高断熱住宅。(開口部)

高気密高断熱地熱住宅をつくる栃木工務店・木の城工房。
高気密高断熱は、断熱材と共に、開口部の断熱と日射対策が大事。高性能の住宅は、24時間全室暖房することで快適性と長寿命な住いとなります。
断熱性能の高いオール樹脂サッシュ(ブロンズ色)・高断熱遮熱ガラス(シャノン)を使用。全室24時間暖房で、18℃~20℃で快適な冬の生活と無結露長寿命になるわけです。
性能の良いものを使っても局所暖房だったり寝るときに暖房を切ってしまうと結露の可能性が高くなりますので気をつけてください。
二重サッシュ(内部側樹脂サッシュ)や木製建具でももちろんOKです。夏場は開口部の日射遮蔽が大事です。LOW-Eガラスでも日射がはいってしまうとやはり暑くなります。南面は、庇や軒の出で日射をさえぎり、東西の開口部はすだれやシェードで日射をさえぎなどをあわせて利用すると効果的です。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://yamayamaueno.blog23.fc2.com/tb.php/13-d232c0af
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。