プロフィール

木の家の修ちゃん

Author:木の家の修ちゃん
栃木県で地元の山の木でなエコ住宅を造っています。国産材・自然素材で環境と住む人に優しい家づくり。

趣味 山登り・ハイキング 日本百名山を現在55座登頂(かみさんもいっしょだよ)

HPも覗いてください。
http://www.nasubm.co.jp/kinosirokoubou

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

国産材・栃木県産材・無垢・木の家の工務店
自然と環境にやさしい無垢の木の家づくり。栃木県の工務店・那須塩原・日光・宇都宮市・大田原市
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏、涼しく過ごす。高性能住宅。
冷房をエアコンに頼らずに、快適に夏を過ごせる家、冬結露のしない家。
そんな家で快適に暮らしたいとおもうあなたへ。

快適な住まい作りのアドバイスです。
快適な家をつくるためには家のことを知る必要があります。
なぜ暑くなってしまうのか?
なぜ寒いのか?

まず夏の場合を考えて見ます。

新省エネ基準(現在建てられている家の大半の家)レベルの住宅の場合、
夏の熱がどこから入ってくるのかの比率です。

    屋根    9㌫
    窓     71㌫
    床     2㌫
    壁     13㌫
    換気    5㌫

という数値になります。太陽熱は屋根が一番受けるはずですが、窓から直射日光が入ってしまうために7割の熱が入ってしまいます。特に東西の窓からたくさん入ってきます。断熱性能を上げることも大切ですが、夏を涼しくすごすためには日射遮蔽が大切です。軒の出幅を大きくする、庇を窓上に設置する、シェードを取り付ける、すだれを利用するなどが有効です。
高性能住宅では夏、エアコンに頼らない生活も実現可能です。

夏を快適に過ごす知恵は昔の住宅に学ぶことが出来ます。

快適な家づくりはこちらから
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://yamayamaueno.blog23.fc2.com/tb.php/40-afa3eebd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

足跡残します☆

見させてもらいました♪初心者ですがよろしくです♪ ひとちゃん【2005/12/12 22:30】

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。