プロフィール

木の家の修ちゃん

Author:木の家の修ちゃん
栃木県で地元の山の木でなエコ住宅を造っています。国産材・自然素材で環境と住む人に優しい家づくり。

趣味 山登り・ハイキング 日本百名山を現在55座登頂(かみさんもいっしょだよ)

HPも覗いてください。
http://www.nasubm.co.jp/kinosirokoubou

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

国産材・栃木県産材・無垢・木の家の工務店
自然と環境にやさしい無垢の木の家づくり。栃木県の工務店・那須塩原・日光・宇都宮市・大田原市
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海水面上昇・ツバル
ツバル。地球温暖化・海水面上昇の被害を受ける
日本人は地球温暖化の被害を直接実感していない。しかし、すでに被害を受けている国がある。
ツバルがその一例である。以下はツバルのHPより

ツバルは9つの珊瑚島(環礁の島)からなる小さな小さな島国です。すべての島をあわせても、面積は26km2(品川区と同じくらい)しかありません。

そんな小さな島々に約10,000人の人達が暮らしています。


1978年にイギリスの植民地から独立した時、8つの島にしか人が住んでいなかったので、8つの島の人達が協力して国を作っていこうという意味を込めて国名を「TUVALU:ツバル」と決めました。ツバルは現地語で次のような意味を持っています。

TU = 立ち上がる + VALU = 8

それは国旗にもデザインされています。

●地球の温暖化(GreenHouse Efect)

2002年の3月の東京での平均気温は平年に比べて3度以上も高かったという発表がありました。入学式の時に咲くはずだった桜の花が3月末にはすでに散り始めていてがっかりされた人も沢山いたことでしょう。

ここ何年か夏になると、今年は去年より暑い。その上スコールのような雨もふるし、気のせいかもしれませんし、今だけの話かもしれないのですが、なんとなく東南アジアの気候に近づいているような・・・冬の雪も少ないですよね...

現在、地球は今までに例がないほどのスピードで温暖化しています。原因は私達が日常生活の中で無意識に生み出している「温室効果ガス=二酸化炭素・等」です。

右図は“気候変動に関する政府間パネル(IPCC)報告書”による今後100年間の気温の上昇を予測したグラフです。(1995年発表)今後状況を放置しておけば、100年間で最悪3.5度の上昇が見込まれています。

この数字は2001年4月に見直され、100年間で最大5.8度の上昇という予想に変更されました。同時にそれに伴う海面上昇は最大で88cmと報告されています。

今から1万年以上前の最後の氷河期の時の平均気温は3~6度程度低いだけだったのですが、今回の予想だとそれに匹敵する上昇が予想されています。

1万年前といえば旧石器時代が終わり、文明が始まる一歩手前の頃です。

IPCC 1995年発表資料
1万年という途方もない時間をかけても3~6度しか上昇しなかった気温が、100年という一瞬で5.8度も上昇してしまうかもしれません。様々な被害が予想されています。

温暖化の被害の予想(1997年)(環境省)

被害の中でも目に見えて恐ろしいのは、北極や南極の氷が溶け出したり、熱膨張によって海水の体積が増えたりして起こる、「海水面の上昇」です。「2050年までに海水面が約20cm上昇し、さらに21世紀末には約9~88cm(中位値で50cm)の海面上昇が起こり得る」という予測が、気候変動に関する政府間パネル(IPCC)の2001年の報告書に述べられています。さらに厳しい予測をしている研究機関もあります。

平均の海水面が50cm上昇すると言うことは、満潮時には海面は1m以上も上昇してしまいます。特に赤道周辺の南の島々の海は、地球の自転による遠心力と、月の引力の影響を強く受けてしまうので、被害が拡大するおそれがあるのです。

海水面が1m上昇したとき、日本はどうなるのでしょうか?茨城大学の三村教授の研究では「国内の砂浜の九割が消滅する恐れがある」という結果が出ています。又、環境庁では「海面(満潮水位)以下の地域が2.7倍(2,300km2)に拡がり、人口410万人が危険にさらされる」としています。

 海水面の上昇は既に始まっています。環礁の島国ツバルではすでに被害が出始めているのです。

環境にやさしい家づくりは木の城工房へ

スポンサーサイト

この記事に対するコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2007/09/20 11:22】 | # [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://yamayamaueno.blog23.fc2.com/tb.php/65-303242e7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ツバル

ツバルツバルは、オセアニア|オセアニア州の国。首都はフナフティ。南太平洋のエリス諸島に位置する島国である。バチカンを除くと、独立国としては最も少ない人口の国でミニ国家の一つである。海抜が低いため(最大5m)、将来海面が上昇すると、この国の 歩未の日記【2007/04/03 12:22】

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。