プロフィール

木の家の修ちゃん

Author:木の家の修ちゃん
栃木県で地元の山の木でなエコ住宅を造っています。国産材・自然素材で環境と住む人に優しい家づくり。

趣味 山登り・ハイキング 日本百名山を現在55座登頂(かみさんもいっしょだよ)

HPも覗いてください。
http://www.nasubm.co.jp/kinosirokoubou

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

国産材・栃木県産材・無垢・木の家の工務店
自然と環境にやさしい無垢の木の家づくり。栃木県の工務店・那須塩原・日光・宇都宮市・大田原市
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長寿命住宅。住宅の寿命は結露が影響。
結露の防止で住宅の寿命は格段に延びる。

住宅の寿命は、木部だけなら奈良、京都の歴史的建造物の1000年以上とは行かないまでも100年~200年の耐久性は十分あります。しかし、快適に住むためには、断熱材や外壁など、様々な材料が複合して使用されており、それらの素材の選択や施工方法を一歩間違えると、躯体の耐久性に重大な影響を及ぼす結果になります。先の建設白書でも明らかにされたように戦後から2000年に建築された日本の住宅の平均寿命は、20年~25年が限度(過去5年間に除去された住宅の平均寿命、データによって数値は異なっています。)と言われています。欧米の住宅では最低でも50年長いものでは150年、200年という国もあります。
このような長寿命の住宅は社会資本としても個人資産としても価値があります。資源小国の日本の住宅も、これからは欧米並みの長寿命住宅でなければなりません。結露の発生を抑えることで住宅の寿命を確実に伸ばすことが出来ます。

結露がなぜ、住宅の寿命を短くするのでしょう。家を新築した当初は結露水を一生懸命ふき取りますが、徐々に結露水を放置し、窓下、窓脇辺りにカビが出てきます。壁の内部では、結露水が窓台・土台・柱にまで広がり、カビ、腐朽菌によっての腐れ、また、水分がシロアリを呼び込む原因になり家の寿命を短くしてしまうのです。
北欧ではサッシュは木製サッシュに塗装をしたものがほとんどで、スエーデンではトリプルガラスが一般的です。ドイツ・スイスでは、木製サッシュにペアガラスが一般的で樹脂サッシュが2割程度使用されているようです。ヨーロッパの住宅が長寿命な理由の一つに結露のしない住宅であることがあげられます。

結露はしょうがないとあきらめてはいけません。
結露の無い長寿命住宅こちらから
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://yamayamaueno.blog23.fc2.com/tb.php/66-d2de1062
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。