プロフィール

木の家の修ちゃん

Author:木の家の修ちゃん
栃木県で地元の山の木でなエコ住宅を造っています。国産材・自然素材で環境と住む人に優しい家づくり。

趣味 山登り・ハイキング 日本百名山を現在55座登頂(かみさんもいっしょだよ)

HPも覗いてください。
http://www.nasubm.co.jp/kinosirokoubou

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

国産材・栃木県産材・無垢・木の家の工務店
自然と環境にやさしい無垢の木の家づくり。栃木県の工務店・那須塩原・日光・宇都宮市・大田原市
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

住宅の寿命は結露が影響。
住宅の寿命は、結露が発生するかしないかによって大きく左右されます。結露のよる結露水が構造材を腐らせ、様々な欠陥を引き起こす元凶だからです。結露を防ぐためには、住宅の施工方法、換気・断熱・気密など、住宅性能を高める技術がなければなりません。そのトータルパフォーマンスによって住宅の寿命が決まるといっても過言ではありません。

高気密高断熱住宅は、住宅全体の温度差が少なくなり結露を起こす露点温度が高くなり壁面・窓面の温度も高くなるので表面結露の発生を防ぐことが出来ます。(冬季)
高気密高断熱住宅は、湿気が建物内外を移動することが少なく壁面結露を防ぐことが出来ます。
しかし、冬場に暖房をすると過乾燥になりやすいため加湿器で加湿器で湿度調整をする場合があり、湿度調整機能が無い場合、湿度が高くなりすぎて結露の原因になる場合があります。湿度調整機能のある加湿器で湿度40㌫ぐらいで十分と思いますので湿度に注意して生活しましょう。
湿度を60㌫ぐらいにすると風邪をひきにくいということで高く設定する場合があるようですが結露しやすくなりますので注意してください。
特に24時間暖房をしない場合、窓の断熱性が低い場合は結露が発生することになってしまいます。

快適で長寿命な住まい作りはこちらから
スポンサーサイト

この記事に対するコメント
こんにちは~
http://jump.sagasu.in/goto/bloog-ranking/で紹介されていたので、見に来ました。またきますネ。ではでは(^^)ノシ
【2006/02/11 07:46】 URL | タヌキング #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://yamayamaueno.blog23.fc2.com/tb.php/69-0806bf3e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。