プロフィール

木の家の修ちゃん

Author:木の家の修ちゃん
栃木県で地元の山の木でなエコ住宅を造っています。国産材・自然素材で環境と住む人に優しい家づくり。

趣味 山登り・ハイキング 日本百名山を現在55座登頂(かみさんもいっしょだよ)

HPも覗いてください。
http://www.nasubm.co.jp/kinosirokoubou

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

リンク

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

国産材・栃木県産材・無垢・木の家の工務店
自然と環境にやさしい無垢の木の家づくり。栃木県の工務店・那須塩原・日光・宇都宮市・大田原市
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

住宅も街並みに合わせる。
飛騨高山の古い街並み見て思うこと。

8月8日飛騨高山市の古い街並みを見に行きました。狭い路地を歩きながら竪格子の旧家がよく今まで残ったものだと感心した。
ヨーロッパでも日本でもそうだが古い街並みが残っているから観光客が訪れる。
今日本での分譲地に建っている家が同じハウスメーカーの家では、たとえ100年残ったとしても観光客は来ない。観光客が来ることが良いといっているわけではない。その地域・地方に根ざした文化・素材が家の作り方に影響しているわけでその地域ならではの景観を作り出しているから資産価値があるのである。

ヨーロッパでは、自分の土地でも勝手にいえを建てられない地域が非常に多いそうである。日本に街並みを考えずに南仏風住宅をぽつんと建ててもそれが資産価値が出るとは考えにくい。日本でももっと景観について考えるべきではないのか。

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://yamayamaueno.blog23.fc2.com/tb.php/7-a45799e1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。